音楽文化の創造(CMC)

電子版 Vol.07

Vol.07 特集「音楽文化の伝統と継承」

音楽文化はどのように受け継がれてきたのでしょうか。また現在、それはどのように変化・発展しているのでしょうか。

古典芸能の場で、地域のローカルな文化の中で、そしてまた学校教育の現場での継承・変化・発展などを見てみたいと思います。

また、雑誌「赤い鳥」発刊から100年を迎えたことから、童謡などのジャンルも音楽文化として伝統を築いてきています。

これらの領域の継承などにも着目してみたいと思います。

「『赤い鳥』とわらべうた」

童謡は、1918(大正7)年7月1日、作家の鈴木三重吉が創刊した雑誌『赤い鳥』をきっかけにして創作され、流行していった子どもの歌謡である。童謡の最大の特徴は、雑誌という民間で売買される印刷メディアによって創作された点にあった…

「『赤い鳥』とわらべうた」 大東文化大学専任講師 周東 美材より

1998年 3月発行

雑誌CMC 8号 特集「音楽文化の創造」

民間の生活の中で古くから伝えられてきた様々な芸能。長寿や穀物の豊作や悪霊退散などを祈念して、職業的な演者でない人々によって維持されてきた芸能。これらは今日の高度工業化社会の中で、観光や地域の習慣以外に社会的な意味を失ったかのように思えるが、再び、人々の生涯学習という観点から見直されはじめている。 もともと様々な行事や祭りと結び付いて生まれた芸能は、地域の共同体を維持し、辛く退屈な日常の生活を離れて、人々の心にカタルシスをもたらす働きをした。そこで民俗芸能を学習することは、その芸能を成立させた人々の社会や文化を学習することになる。そしてさらには、その芸能を維持している人々の理解や、文化的ルーツを探る重要なアプローチともなる。もちろん実際に参加することもできる。このことから本特集では、生涯学習社会において教育現場などが、どのように民俗芸能の学習に取り組んでいるかを、行政及び研究と実践の両方の現場から述べて頂いた。

特集・音楽文化の創造 「民俗芸能と郷土芸能-民俗芸能の保存継承をめぐって-」  植木 行宣

2003年 9月発行

雑誌CMC 30号 特集「変わる日本の伝統文化」

2002年度より中学校にも和楽器が導入されて、伝統文化が活気をおびてきている。そのなかで、今若者たちが担い手となって、現代における新しい伝統文化、伝統音楽を創造しつつある。 先達たちが綿々と伝えてきた「伝統」を受け継ぎながら、その上に時代と若い世代の感性を重ね合わせての活動は、ひとつの文化を形成して全国に広まっているものもある。 殻を破って独自のスタンスで世間にアピールする者、海外に飛び出して日本文化を紹介する者、伝統の世界に身を置き正統を守りながらも、常に時代に即した方向性を探求する者…それぞれ形はちがっても、扱うものは日本の伝統楽器である。 今回の特集では、実際にどのような動きがあるのか、そしてその背景は何なのか、活動している旬の若者たちの「伝統と創造」についての意識をさぐり、多面的な分析を試みる。

特集・変わる日本の伝統文化「沖縄・島唄をめぐる現在~古謝美佐子、BEGINを事例に~」 高橋 美樹

2006年 10月発行

雑誌CMC 42号 特集「特集 音楽文化の伝統と創造」

町おこし、町づくり、地域の共同体づくりといった課題ともかかわって、各地で新しい祭やイベントがつくられている。その中で新しい音楽文化も生まれつつある。 わが国の伝統ともかかわりながら、新しい音楽文化がどのように生まれ、どのような伝統を作り出そうとしているのか、各地の例を見ながら検証していく

特集・音楽文化の伝統と創造 「変化する伝統 その動きと今後」 八木 正一

2010年 7月発行

雑誌CMC 57号 特集「音楽の伝統の継承と革新」

芸に携わることは脈々と流れてきた伝統を受け継ぐということである。 もちろん、時代の流れとともにさまざまな変化を伴いながら。しかし、この流れに棹さすように、時々革新的な試みや動きが生まれることがある。そこには反発と賞賛が渦巻き、エネルギーがもたらされる。 本特集は、東西の芸にかかわる方々にそれぞれの立場で、伝統の継承と革新の問題について思いを述べていただいた。

特集・音楽の伝統の継承と革新 「長唄における伝統の継承と革新 松永鉄九郎氏に聞く」 三小田 美稲子

2003年 6月発行

Topics

『この人に聞く』 大中恩氏に聞く
暮れの12月3日に、作曲家・大中恩氏が、94歳で亡くなられました。「サッちゃん」「犬のおまわりさん」「おなかのへるうた」など、たくさんの子どもの歌で知られています。戦前の唱歌、童謡に変わって、戦後の子どもの歌を作る運動として1955年に、磯部俶、宇賀神光利、中田一次、中田喜直とともに、子どもの歌を作る「ろばの会」を結成して、楽譜集やレコードを出版しました。父・大中寅二も「椰子の実」で知られる作曲家です。本誌2003年の第29号の記事「この人に聞く」で大中恩氏にインタビューしています。この記事をここに掲載して氏を偲びたいと思います。

聞き手 富山大学教授  森田 信一

投稿論文

音楽史の授業における知識構成型ジグソー法の研究-協調学習の有効性と課題についての考察-

東京藝術大学 音楽学部 声楽科3年 中村 仁