音楽ワークショップ・デザイン講座

音楽ワークショップ・デザイン講座とは

近年では演奏会前に聴衆参加によるワークショップをとおして、これから演奏される曲を体験的に学習する機会が増えています。
また生涯音楽学習のさまざまな場面において、グループで音楽を体験的に学習する機会も多く、こうした体験的な学習を実現するのが、音楽ワークショップです。

音楽ワークショップ・デザイン講座では、音楽ワークショップをどう実現していくのかを目標として、ワークショップ・デザイン論の基礎を学び、音楽の領域でのワークショップにどのように応用していくのかを考察します。

さらに、グループ実習を行い、音楽ワークショップをデザインする力を身につけていただきます。

地域において音楽による社会文化活動に従事し、リーダーとして活動する方には学び深い内容の講座です。

2021年11月のトライアルでは、オンデマンド講義と、Zoom を利用したグループワークを行います。トライアルのためグループワークはすでに定員ですが、若干名は追加できますので、ご希望の方は、お問い合わせからご連絡ください。トライアルのため受講料は無料ですが、アンケートにご協力をいただきます。

受講資格

・音楽による社会文化活動に関心のある方

 

講座内容

1.音楽ワークショップとは何か(オンデマンド講義

・音楽ワークショップとは何か。どうして必要とされるのか。またオンラインでのイベントが多くなるポスト・コロナ時代に音楽ワークショップはどうすれば効果的なのかを考察します。

2.ワークショップ・デザイン論(オンデマンド講義

・ワークショップをデザインするうえで必要な知識や理論について、教育学をベースに学びます。

3.音楽ワークショップ・デザイン論(オンデマンド講義

・音楽をテーマにしたワークショップに必要な知識や理論を実際に行われた事例を元に学びます。

4.対談(オンデマンド講義

・音楽ワークショップについての疑問、課題をお二人の講師の対談で明らかにしていきます。

5.音楽ワークショップ・デザイン実践(Zoom を利用したグループワーク)

・音楽のワークショップをデザインするグループ実習をします。

 

*オンデマンド講義

・録画視聴による講義です。公開期間内はいつでも視聴できます。

*Zoom を利用したグループワーク

・「5.音楽ワークショップ・デザイン実践」は、上記1~4のオンデマンド講義視聴を前提で実施しますので、必ず事前にオンデマンド講義を視聴してから、受講してください。

 

受講について

受講票

・受講票の発送はありません。

事前準備

・Zoom のテストページで、オーディオ、ビデオの事前テストができますので、マイク、カメラが作動しているかどうかをテストしてください。

https://zoom.us/test/

・案内メールに記載されたアドレスをクリックして、Zoomミーティングに参加してください。

・ミーティングルームが許可制になっていますので、「ミーティングのホストは間もなくミーティングへの参加を許可します、もうしばらくお待ちください。」というメッセージが表示されます。許可されるまでお待ちください。

留意事項

・受付時に氏名の確認をしますので、表示名を申込者名にしてください。

・質疑応答やワークショップなどがありますので、オーディオに接続してください。スマートフォンなどでは、あらかじめ Zoom アプリでマイク、カメラを使用できるように設定してください。

・受付終了後はマイクをミュートさせていただきます。質疑応答などの時に指示がありましたら、マイクのミュートを外して、お話しください。

・ビデオは、出席確認のため「ビデオの開始」をクリックして、「ON」でご参加ください。

・講義途中の参加や退席はご遠慮願います。

・Zoomミーティングの画面上の講義風景を静止画像及び動画撮影をさせていただきます。撮影した画像は、Webサイト、パンフレット、雑誌などに掲載させていただく場合がございます。ご都合の悪い方は、事前にスタッフまでお申し出ください。

・特別な場合を除き著作権などの観点から、Zoomミーティングの画面上の講義風景、共有されるスライドの投影画面などの個人的な撮影は、お控えいただいております。

受講方法

・オンデマンド講義配信期間:2021年11月5日から11月22日まで

・Zoom を利用したグループワーク受付開始時刻 2021年11月23日 12時50分

プログラム

音楽ワークショップ・デザイン講座【トライアル11月】

1.音楽ワークショップとは何か(オンデマンド講義)

<講義内容>

音楽ワークショップとは何か。どうして必要とされるのか。またオンラインでのイベントが多くなるポスト・コロナ時代に音楽ワークショップはどうすれば効果的なのかを考察します。

<講師>
久保田 慶一(くぼた けいいち)

東京経済大学 客員教授

放送大学 非常勤講師

公益財団法人音楽文化創造理事

東京藝術大学音楽学部、同大学大学院修士課程を修了。 芸術学修士、音楽学博士、カンセリング修士、経済学修士、ドイツ学術交流会の奨学生として、ドイツ連邦共和国のフライブルク大学、ハンブルク大学、ベルリン自由大学に留学。 国立音楽大学副学長・教授を経て2020年度4月から東京経済大学客員教授・放送大学非常勤講師。

2.ワークショップ・デザイン論(オンデマンド講義)

<講義内容>

ワークショップをデザインするうえで必要な知識や理論を教育学をベースに学びます。

<講師>
梶田 美香(かじた みか)

名古屋芸術大学 教授

名古屋大学・南山大学 非常勤講師、博士(人間文化)

公益財団法人音楽文化創造 理事

名古屋市生まれ。音楽大学を卒業後、愛知県を中心に演奏活動を展開。通常のコンサートと並行して、子ども向け企画やワークショップなども行う。2002年に玉川大学教育学部に編入し教育学を学んだ後、2005年~10年まで名古屋市立大学大学院で学ぶ。学校音楽教育研究を経て、アウトリーチ研究に没入。現在は、アートプロジェクトや劇場に関する調査研究、アーティストのためのマネジメント講座での講師、エデュケーションプログラムの企画制作などが多い。また文化行政の委員も歴任。名古屋芸術大学教授。

3.音楽ワークショップ・デザイン論(オンデマンド講義)

<講義内容>

音楽をテーマにしたワークショップに必要な知識や理論を実際に行われた事例を元に学びます。

<講師>
酒井 雅代(さかい まさよ)

東京藝術大学国際芸術創造研究科助教

桐朋学園大学、同大学研究科修了(ピアノ専攻)。室内楽を主とした演奏活動を行う。マイケル・スペンサー氏の通訳兼アシスタント・ファシリテーターとして、各方面で音楽ワークショップ、ファシリテーター・トレーニングの企画・運営に携る。2018年東京藝術大学一般公開講座「藝大ムジタンツクラブ」を開始。クラシック音楽と身体表現の要素を混ぜて遊ぶ新しい形のワークショップを提案している。2019年より開始した「アトリエ・ムジタンツ」(文化庁助成大学における文化芸術推進事業Meetingアラスミ!実践編①)では、足立区、墨田区、台東区と連携し、区の課題に取り組む音楽プログラムの開発と、アートファシリテーター、コーディネーターの育成プログラムに取り組んでいる。(写真撮影:高橋マナミ)

4.音楽ワークショップ・デザイン対談(オンデマンド講義)

<講義内容>

音楽ワークショップについての疑問、課題を梶田美香、酒井雅代のお二人の講師の対談で明らかにしていきます。

5.ワークショップ・デザインのためのワークショップ実践

2021年11月23日(祝)13:00-15:30

<講義内容>

音楽のワークショップを実際にグループでデザインしてみるグループ学習を実施します。Zoomミーティングのブレイクアウトルームを使って、グループワークをします。

<講師>
久保田 慶一(くぼた けいいち)
酒井 雅代(さかい まさよ)

オンデマンド講義

1.音楽ワークショップとは何か(久保田慶一)49分

2.ワークショップ・デザイン論(梶田美香)35分

3.音楽ワークショップ・デザイン論(酒井雅代)47分

4.対談(梶田美香、酒井雅代)36分