【test】地域文化クラブ推進事業レポート

部活動の地域移行とは、これまで中学校・高校の教員が担ってきた部活動の指導を、地域のクラブ・団体などに移行することです。ここでは音楽文化創造が取り組んだ令和5年度の7つの団体の実証事業について順次レポートしていきます。第2回は宮地楽器が主体となって運営する「東京多摩ジュニア吹奏楽クラブ」の取組レポートです。

【東京多摩ジュニア吹奏楽クラブの取組レポート】


東京都多摩地域において株式会社宮地商会(宮地楽器)が主体となって運営されたのが「東京多摩ジュニア吹奏楽クラブ」です。近い将来の少子化および教員の負担軽減を図る働き方改革の進展により、従来の学校部活動が成り立たなくなることを見据えて、早期に地域での受け皿となる活動主体を模索し、持続可能な都市型モデルのクラブ運営を目指しています。

国立音楽大学の系列指導陣により指導され、地域の子供たちが文化芸術活動に親しむ場を提供することを目的としています。活動は主に国立音楽大学のAIスタジオを中心に行われ、月3~4回、1回3~4時間の練習が行われました。参加生徒は19名で、指導者には国立音楽大学の卒業生や院生が含まれます。クラブ発足に必要な楽器はヤマハミュージックジャパンより楽器レンタル、また個人レンタルも併用できるよう手配しました。

公的な支援や地域の公共施設の利用を通じて持続可能な運営を目指しており、令和5年度は文化庁の「文化部活動改革(部活動の地域移行に向けた実証事業)」の委託事業としての補助金と、受益者負担認知活動として生徒から月額8,800円の活動費を徴収して運営をしました。

このクラブは、学校部活動とは異なる地域横断型でさまざまなニーズに対応する機会の提供を目指しました。同じ地域の子供たち同士が交流できる地域行事や祭事への参加、また学校部活動・吹奏楽クラブの隔てなく、いずれの子供たちも参加できる、レベル向上のためのクリニック開催や大学主催のワークショップへの参加を企画し、学校関係、地域の理解、認知を広めていくような活動をしています。

活動発表の場として、2024年2月12日にルネこだいら(小平市民文化会館中ホール)で開催された「第24回多摩ウインドフェスティバル」に地域の中学校の吹奏楽部と並んで出演し、演奏を披露しました。