活動事例

活動事例
【事例紹介】「箏体験学習~幌延中学校~」(芸術家派遣)

全国生涯学習音楽指導員協議会 
北海道支部会員 河上満寿美さん

■活動タイトル:「箏体験学習~幌延中学校~」(芸術家派遣)
箏体験学習~幌延中学校~
■日時:2020年11月16日(月)、17日(火)。3日目の11月27日(金)は中止
■実施時間:13:30~15:20(50分授業×2×2日)
■実施会場:幌延町立幌延中学校
■参加人数:中学1年生(16名)、2年生(19名)計35名
■講師:飯村千絵 宮崎厚美 河上満寿美 (河原真奈美、上野楽器)

■活動内容

【1.活動を始めた背景】

今回の箏体験授業は、「文化芸術による子供育成総合事業」(文化庁)の一環である「芸術家の派遣事業」により学校の公募で実施するにいたりました。

以前より「芸術家の派遣事業」に関わりたいと思っていました。学校が派遣授業を依頼する際には「芸術家の派遣事業」に登録されている団体(個人)を参考にします。幌延中学校の小野校長と協議会北海道支部代表の飯村が高校の同級生であったことから実現しました。

*文化芸術による子供育成総合事業
https://www.bunka.go.jp/seisaku/geijutsubunka/shinshin/kodomo/

【2.具体的な活動内容】

授業はコロナ感染者数が日々増加し、中止の連絡がいつ入るかもしれず、また私たちが集合して準備(合奏練習など)する時間が十分とれない中で行われました。幌延は札幌から車で5時間ほどかかります。箏を生徒さん二人に1面利用できるように、札幌の楽器店のご協力により、札幌から箏、柱などを運びました。授業の始めに、講師による生演奏を行いました。

演奏曲は中学生にも馴染みのある『ドラゴンクエストより~ロトのテーマ~』(中学校の音楽の先生もリコーダーで参加)、そしてお箏の代表曲である『六段の調べ』、そして2日目の授業では、はやりの『鬼滅の刃』です。どの曲も、大変静かに体でリズムをとりながら楽しそうに聴いてくれていたのが印象に残っています。

その後、楽器の説明、座り方(位置など)、楽譜の読み方などを教え、代表講師による「指導→グループ練習(生徒4-5人に講師1名)→演奏」という形で授業を進めました。最終的には、『さくらさくら』を演奏したのですが、2年生は習得が速く、基本の音だし以外に、合わせ爪、すくい爪、ピチカート、後押し等の奏法による音色の変化を体験し、曲の中に奏法を取り入れながら講師と合奏することもできました。

【3.生徒の反応と今後の指導にあたって】

箏は柱を動かすことによって、また押し手によって音の高、低を変化させることができますし、いろいろな奏法を組み合わせながら、自分たちで曲を自由にアレンジできることが生徒たちにはとても楽しかったようです。

講師陣の予想を超える習得度でした。今後は、習得度に応じて臨機応変に授業の内容を変化させられるように、授業も複数のパターンを準備したいと思っております。

幌延中学校指導予定

一日目時間内容留意点
1年生2年生
13:3014:30挨拶と演奏ドラクエ・六段の調べ
13:4014:40全員で音出しの基本
13:5014:50超スローでさくらさくら
14:0015:00二人一組で楽譜指差しテンポ・止まらない練習
14:1015:10
14:2015:20
準備10分
二日目時間内容留意点
1年生2年生
13:3014:30挨拶と演奏
基本の再確認・おさらい
鬼滅の刃
13:4014:40各自練習
13:5014:50
14:0015:00その他の奏法など状況に合わせてのバリエーションを考えておく
14:1015:10
14:2015:20
三日目時間内容留意点
1年生2年生
11:3014:30挨拶と演奏
11:4014:40基本の確認と復習
11:5014:50成果発表どのような形態でするか2日目終了後に打ち合わせ
12:0015:00
12:1015:10
12:2015:20

【4.抱負】

北海道支部として初めての取り組みでしたが、会の認知度を高める良い活動であると感じました。私の師は、「子どもたちには、ただお箏を弾くだけではなく、『礼に始まり、礼に終わる』という日本古来から受け継がれた素晴らしいこころの文化を学んでもらいたい」と申しておりました。私は、多くの子どもたちに「こころの文化」を学んでもらいたい、というのが、この活動の根底にあります。今回の活動を機会に、今後は近隣の中学校、小学校へもこのような体験授業が広がることを願っております。

その他の記事

               
協議会
【事例紹介】みよし子ども音楽セミナー 音・遊・友 合唱ファンタジー
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】訪問コンサート(老人保健施設)
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】人の歓び我が歓び~オカリナの響きを街へ
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽祭のある町へ ~素人主催者5年間の歩みと課題~
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】「歌で繋ぐ心のネットワーク」
国際音楽の日
【活動報告】ひらけ!おとの世界-学んで・遊んで・楽しんで-[2021年度助成事業]
国際音楽の日
【活動報告】 宮ぁっとホーム(童謡と昔話の集い)[2021年度助成事業]
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】『朗読と即興』〜あなたは今、この瞬間に生まれる世界の証人になる!〜
生涯学習音楽指導員
ほんやく・おんがく3~映画翻訳と映画音楽~
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】こどもミュージカルのパワーで地域に笑顔の花を咲かせよう!
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】ZUMBA(ズンバ)から始まった私の市民活動
協議会
【事例紹介】吹奏楽 一人一人が主人公 つながろう 広げよう 音楽の輪
協議会
【事例紹介】コロナ禍での吹奏楽・金管バンド活動の挑戦と、新しい価値観への希望
協議会
日本の心を歌に込めて 日本歌曲の神髄に触れるコンサート
協議会
【事例紹介】自分が音楽療法士として生きてきた意味
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】自分らしく、それぞれが独自の花を咲かせよう
協議会
【事例紹介】「芸に終わりなし・一生が勉強」60年の軌跡
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】童謡を歌う会