活動事例

活動事例
【活動報告】 狩野泰一の音風景 篠笛コンサート~思い出の作品と音でうたう~[2021年度助成事業]

応募グループ・団体名

ケアピスト・カノン

長岡 和美 さん

 

コンサート・イベント名称(公演タイトル)

狩野泰一の音風景 篠笛コンサート~思い出の作品と音でうたう~

 

開催日程、会場・ホール名

  • 日程:2021年11月23日
  • 会場:新潟市民芸術文化会館新潟りゅーとぴあ4階ギャラリー
 

開催目的

思い出作品や映像と音とコラボ、本当に大切なものは何か、楽しく音で感じるきっかけや時世柄大変な時こそ自分の支えとなる心地いい時間を味わって頂く音ケア

 

活動内容

福祉や癒やしの世界に映像と音を取り入れた活動の中で、3月春に企画案を練り、秋に音と思いで作品コラボコンサートを企画。
ギャラリー会場で音も作品とし、世界に日本の伝統楽器を広げながら、新潟佐渡や世界の風景、人から楽曲を生む狩野氏の原点、音風景DVDに合わせ、篠笛コンサートを開催しました。
一般の方の思い出作品も展示し、聴かれている人それぞれの音風景を想像しながら音で思い出を感じるコンサートになり、いらっしゃった方々から「涙があふれた」、「懐かしい曲も篠笛の生の音で聴くことができて昔を思い出した」、「篠笛を吹いてみたい」と、今後につながる感想をたくさんいただくことができました。

 

団体の紹介(日頃の活動)や、活動目的など

ケアピストカノンは、今まで福祉や癒しの活動を個人的に継続してきた仲間達と、今後も共有し活動を高めあい広げていきたいという目的で発足した、このコンサート活動が始まりです。
介護や身体、心の悩みは解決できない事も多く、受け止める事も必要になります。
本人以外の周りで支える人にも、元気になれる時間を今後も提案してまいります。

   

国際音楽の日 記念助成事業

音楽文化創造では「音楽文化の振興のための学習環境の整備等に関する法律」(略称:音楽振興法)第7条に定められた「国際音楽の日」を広く普及することを目的としたコンサートなどの事業に対する助成を行っております。
詳しくは国際音楽の日ページをご覧ください。

その他の記事

               
地域音楽 コーディネーター
NEW【事例紹介】昭和の紙芝居屋:誰でも気軽に足を運べて気軽に楽しめる親子向けコンサート
地域音楽 コーディネーター
未来への祈りコンサート2023(2月23日)
新しい方角(邦楽)
NEW 学生邦楽フェスティバル
地域音楽 コーディネーター
NEW【事例紹介】聴衆、演奏者、音楽空間との一体感を求めて
新しい方角(邦楽)
伝えたい箏-koto-
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】大人が本気で音楽を「楽しむ」オールジャンルピアノ教室
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】Zushi Music Festaの企画、運営を振り返って
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】アマチュアバンドで地域の交流を
地域音楽 コーディネーター
<日常のグリーフ講座第2弾>「音楽とグリーフ」(2月12日)
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】 “想い”を“歌声”にのせて愛と夢と元気を日本から発信したい!
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽でつながる地域の街づくり
新しい方角(邦楽)
箏に魅せられて
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽が果たす社会的使命
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】奏でることを本気で楽しみ、音楽で地域の活性化をめざす!
新しい方角(邦楽)
[終了]【告知】REGENERATION~The circle of rebirth~(12月25日
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽とお友達になろう
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽を聴く喜びと奏でる喜びの出会いを作る
国際音楽の日
【活動報告】もろたるコンサート[2022年度助成事業]