活動事例

国際音楽の日 活動事例

【活動報告】第19期札幌ジュニアジャズスクール定期演奏会[2018年度助成事業]

(2019年07月12日公開)

「国際音楽の日」記念事業に関する助成団体 平成30年度(2018年度)

グループ名:公益財団法人札幌市芸術文化財団 札幌ジュニアジャズスクール
イベント名:第19期札幌ジュニアジャズスクール定期演奏会

開催日:2018年10月6日
会場:札幌芸術の森アートホール アリーナ

活動報告:
札幌芸術の森を会場に活動している小中学生を対象とする1期1年制のジャズスクールで小学生クラスと中学生クラスで編成されています。毎週土日の定期練習や、福祉施設での演奏会を行ってきており、これらの活動の集大成として定期演奏会を実施しました。今回の演奏会では以前より親交のあるノルウェーのキッズジャズバンド「インプロバースンの来札期間と重なったためスペシャルゲストとして出演して頂き、また公演の最後には中学生クラスと合同演奏を行いました。今後も子どもたちが音楽を通じて交流の場を広げ「国際音楽の日」の理念と趣旨を肌で感じてもらうよう活動してまいります。

その他の記事

               
地域音楽 コーディネーター
おとあそびのじかん ~音あそびワークショップ~(ボディーパーカッション編)(5/26)
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】未来を担う子どもたちのために私たちができること
活動ノオト
地域文化クラブ推進事業レポート その1
新しい方角(邦楽)
ワークショップ『この音とまれ!』劇中曲作曲家 橋本みぎわ氏の指導を受ける
地域音楽 コーディネーター
ブルグミュラー絵本コンサートWith リュート&カリグラフィー(5/25)
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】「音楽を未来に繋げよう」
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】彩り豊かな人生を奏でるための健やかな音楽教育
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽をきっかけとした『誰もが心潤う居場所』をつくり続けたい
新しい方角(邦楽)
「心を形にする笛の音」~心でつながる社会へ~
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】民謡酒場から日本の民謡と食文化を未来に伝承したい
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】参加型で楽しむ音楽イベント【医・食・集】
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】おとのWA-誰でも参加できる音楽会を目指して-
生涯学習音楽指導員
【活動事例】大人の指導から見えてきたウェルビーイング
協議会
【事例紹介】音楽活動で楽しく感性をみがこう!
地域音楽 コーディネーター
こどもたちの食を応援 第1回野菜たちのひな祭りマルシェ(3/3)
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】子どもの日常の中に生の音楽を届けるアウトリーチ・コンサート
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】ジャズの楽しさを通じて子ども達の豊かな感性を育むコンサートを
新しい方角(邦楽)
古典と現代曲の枠を超え箏胡弓に想いを込めて