活動事例

活動事例
【事例紹介】「第5回のばらコーラスコンサート」



全国生涯学習音楽指導員協議会 茨城支部代表 鬼澤良子さん

■ 活動タイトル:「第5回のばらコーラスコンサート」
■ 日時:2019年11月30日(土)
■ 会場:取手市民会館大ホール14時開演
■ 対象:団員18名+公募で参加の11名(のばらフレンズ)観客795名

■ 活動内容:
当合唱団は1984年取手小学校のPTAコーラスとして発足し、1988年より鬼澤良子が指揮指導に携わるようになりました。一時期は団員数3人となり存続の危機を経験したこともありましたが、団員募集の門戸を一般市民にも広げたことにより、その危機を乗り越えました。現在は週1回のレッスンのほか、パート練習や自主練習なども指導員の資格を持つ関口晶代先生が加わり積極的に行っています。今回もコンサート間近には週3回の自主練習をしてコンサートに臨みました。




お客様にも耳馴染みの良いわかりやすい曲をプログラムにも多く取り入れ、女性コーラスの優しく美しい響きを目指してハーモニーを作り上げて発表出来ました。今回は、「ジョーバン・バロック・アンサンブル」をお呼びし、チェンバロ、リコーダー、ヴィオラ・ダ・ガンバの伴奏でバッハの主よ人の望みの喜びよ、グノーのアヴェ・マリア、アメージンググレース等歌えたことはとても貴重な経験となりました。
また、団員がのばらフレンズの皆さんと一緒に歌えたことも、刺激になり意識が高まってコンサート大成功の鍵になったと思いました。
通常の活動は、定期コンサートのほか、年に1回の市民音楽祭、公民館まつり、デイサービス慰問などにも取り組み、歌う喜びを実感しています


その他の記事

               
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】障がいの有無に関わらず、共に学ぶ児童合唱団
協議会
【事例紹介】音楽の楽しさを発信!地域の方々と「ふれあいコンサート」
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】アラフィフスタートの演奏活動、これが私の「生涯学習」
協議会
「演奏でつづる五輪の旅」~秦野から東京2020に向けて~
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】笑顔あふれる音楽の時間を~障がい者福祉施設での活動~
協議会
【事例紹介】「うきうき・ゆったりコンサート」~地域密着型のコーラス~
地域音楽 コーディネーター
夏の音を楽しむワークショップ~中世の民族楽器「ハンマーダルシマー」を作ろう!~
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音を楽しむワークショップと絵本と音楽のコラボレーション
協議会
【事例紹介】絵本と歌による楽しい譜読み
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】Let’sアンサンブル集う喜び! ~介護予防に音楽を~
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】好きな楽器で好きな曲を演奏してみよう! 初心者も大歓迎! 聴くだけでももちろんOK!
協議会
【事例紹介】絵本となかよくなろう! Ⅵ ~絵本と音楽の融合~
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】えほんライブ〜自分もまわりも大好きになる魔法の物語〜
協議会
【事例紹介】一生涯音楽を楽しみ、音楽の喜びを伝える~横浜のキーボード教室~
協議会
【事例紹介】レッスンハウスピッコロ音楽祭 ~お筝を多くの人に知ってほしい、聴いてほしい~
地域音楽 コーディネーター
[終了]「オンライン万歳!! ~人間の可能性を引き出そう~」のお知らせ
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】リズムを通して人間の可能性を最大限に引き出そう ~私たちのライフワーク ドラムサークル~
活動ノオト
【活動ノオト】保護猫チャリティの活動(大人のピアノ研究会の社会課題解決)