生涯学習音楽指導員

活動事例
【事例紹介】日本昔話を“歌”と“おこと”でつづる こどもゆめ体験



生涯学習音楽指導員 「おんがっこ塾長野」会長 長野市 芳賀洋子さん

■ 活動タイトル:音楽と仲間つくりの体験活動 2019 日本の音楽を活用した地域における 日本昔話を“歌”と“おこと”でつづる こどもゆめ体験
■ 日時:2019年7月20日(土)~12月1日(日)9時半-11時半
■ 会場:長野市浅川公民館
■ 対象:小学生(24人)大人(2人)1回平均22名参加

■ 活動内容:
日本にはたくさんの日本昔ばなし、民話が絵本、紙芝居に描かれています。
小さい頃から馴染んできている昔話を、子どもゆめ体験メンバーが歌い、”箏・トーンチャイム・グロッケン・鍵盤ハーモニカ”を演奏しながら、「鶴の恩返し」「かさじぞうの物語」を作り上げ発表しました。

第一回目は開会式・自己紹介をし、その後小学校の教科書に掲載されている「鶴の恩返し」「かさじぞう物語り」のメロディを、指導員が事前に題材に沿ってアレンジし、「筝曲グループ」と「歌・語り・他楽器」の2グループに分かれて練習を7回重ねました。

しかし二回目に大きな台風に見舞われ、受講生の内4人に被害がひどく、心配しておりましたが、後半避難所から通い参加を続けることができ、8回目は特別養護老人ホームにて成果を発表することができました。

参加者とお客さんが一緒にわらべ歌を歌い、また指導員による筝でクリスマスメドレーを演奏し、良いひと時を過ごしていただきました。
また、合間に一年生から六年生の共同作業により、「かさじぞう六体」をダンボールで、楽しく製作、コミュニケーションも取れ、当日発表会場に設置し、お客さんの目をも楽しんでもらいました。

参加者の感想は「すごく良かった!達成感があった」「お箏は楽しいので、これからも続けていきたい」と高評価で指導員として充実感がありました。
特に子供たちが日本の伝統楽器である箏という楽器と音色に興味を持ってもらった事は、箏演奏家として嬉しく思います。
今後の検討課題としては毎回生徒募集に苦労することです。
どのような効果的な方法があるか従来の紙媒体だけではなく、SNSなどを活用することも考えていきたいと思います。

その他の記事

協議会
【事例紹介】音楽を活用した地域における子どもゆめ体験
協議会
【事例紹介】福井伝統文化おこと教室
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】日本昔話を“歌”と“おこと”でつづる こどもゆめ体験
活動ノオト
【活動ノオト】NPO法人「みらいっこ」の活動
協議会
【事例紹介】あつまれ!みんなのけいおん!!
活動ノオト
音文創でリモート演奏をやってみました!③〜編集編〜
協議会
【事例紹介】富士・富士宮子ども音楽セミナー 伝統文化箏・尺八子ども教室
協議会
【事例紹介】東っ子Brillanteクラブ(ひがしっこブリランテクラブ)
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】風の五重奏団~「訪問演奏」と「文化芸術による子供の育成事業~芸術家の派遣事業」
協議会
【事例紹介】ワクワク体験!アデュフェ(ポルトガルのタンバリン)を作ろう!たたこう!!
協議会
【事例紹介】「第5回のばらコーラスコンサート」
協議会
【事例紹介】わいわい子ども音楽体験セミナー
協議会
【事例紹介】音楽わくわく体験(地域伝統文化を通して)
活動ノオト
鍵盤ハーモニカとエレクトーンでリモート演奏《上を向いて歩こう》
活動ノオト
箏とイングリッシュハンドベルでリモート演奏《さくらさくら》
協議会
【事例紹介】音・音楽を障がい児者と共に楽しむために
協議会
【事例紹介】2019年子どもゆめ基金を使った3つの活動
活動ノオト
音文創でリモート演奏をやってみました!〜機材編〜