活動事例

活動事例
講座受講者インタビュー⑰

地域音楽コーディネーター養成講座の受講者インタビューです。
働き方改革が進んでいる中、超過勤務ありきの部活動の体制というのもが、見直されつつあることは、大変歓迎すべきことだと思うが、音楽の入り口になっていた、合唱や吹奏楽などが、どうなっていくのか非常に憂えている。
部活動の受け皿みたいなもの、例えば、地域の吹奏楽ジュニアオーケストラや子供コーラスみたいなものが、当たり前に、地域に存在していけるようなことは、これから必要になってくるのではないか。
今後、子供がジャズをやるような場、ワークショップや演奏会なりを開きたいと、養成講座を受講した思いをお話しいただきました。



その他の記事

               
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】童謡を歌う会
協議会
【事例紹介】脳を刺激して、声を出して、音コミュニケ-ション
地域音楽 コーディネーター
講座受講者インタビュー㉘
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】お花と音楽のコンサート
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】ハンドベル・ハンドチャイムの普及と発展を目指して
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】コンピューターを使った音楽体験とMIDI検定~コロナ禍でのワークショップ
地域音楽 コーディネーター
講座受講者インタビュー㉗
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】障がい者施設へボランティア演奏
協議会
【事例紹介】子ども達に伝える伝統音楽活動、子ども達が伝える伝統音楽活動
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】或る音楽会プロジェクト ~誰もがステージ上で主役になれる日~
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】どんな時も手と音で happy
協議会
【事例紹介】~行政と共に~ 生きる力「65歳からのピアノ講座」
地域音楽 コーディネーター
講座受講者インタビュー㉖
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】ジャズで能代の街を活性化
国際音楽の日
2021国際音楽の日記念コンサート~えほんライブ動画配信コンサート
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】箏による純邦楽以外の演奏
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】吹奏楽 定期演奏会・コロナ禍における活動
協議会
【事例紹介】音と映像で楽しむ北欧紀行