音楽文化の創造(CMC)

電子版 Vol.17

2021年7月2日発行

Vol.17 特集「音楽科におけるICTを活用した授業実践」

答申「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して」での提案と、GIGAスクール構想の実現の流れの下、

新たなICT環境の活用による学習の基盤となる資質・能力の確実な育成が望まれている。

ICTの活用にあたっては、児童生徒の興味・関心などに応じた深い学びの実現に向けた授業改善に活かしていくことが重要である。

そこで、今号は音楽科におけるICT活用をテーマに取り上げ、

ICTを活用した授業の諸問題の考察し、実践の提案について執筆をお願いした。

令和の日本型学校教育と音楽科における ICT 活用

日本の学校教育は大きな変革の真っただ中にある。令和の始まりとともに、新学習指導要領の実施、「GIGA スクール構想」による ICT 活用の本格化といった重要な取り組みが進み、昭和から続く教室の風景や教育の方法が様変わりしようとしている。…

大東文化大学文学部教育学科教授 深見 友紀子

「令和の日本型学校教育と音楽科における ICT活用」 より 

「音楽科で ICT機器を効果的に活用する ~子供の表現を支える新たなアイテムとして~」

音楽科では、「表現」「鑑賞」の両領域において、子供が聴覚や視覚などの様々な感覚を働かせ、より音楽の特徴を捉えやすくしたり、よさを感じとりやすくしたりすることが大切である。そのために、ICT機器やアプリの活用方法を考え、実践していくこと…

新潟大学附属新潟小学校教諭    米山 陽子

「音楽科で ICT機器を効果的に活用する ~子供の表現を支える新たなアイテムとして~」 より 

「特別支援教育における ICT」

令和という時代をむかえ、新しい教育課程および新しい学習指導要領が告示された。これを受け、新教育課程および新学習指導要領には「ICT を用いた指導法」が学習内容に加わった。大学等での教員養成課程にも新科目が加わり、「特別支援教育」、「情報…

桐朋学園大学音楽学部 准教授    杵鞭 広美

「特別支援教育における ICT」 より 

投稿論文

神奈川県横浜市鶴見区の琉球芸能の定着過程と継承問題

東京藝術大学大学院後期博士課程 澤田 聖也

連載:音楽とキャリア -人生100年時代に向けて-

第 10 回: ポスト・コロナ時代の可能性を探る
2年半に渡った連載も今回が最終回となった。コロナ・パンデミックによって音楽をめぐる環境も大きく変化した。 そのために連載の最後の2回は、コロナ関連の内容となってしまった。コロナ感染拡大はまだ終息していない。 しかしコロナ・パンデミックによって、日本社会のさまざまなの面で、従来からの変化のスピードは加速したことは 確かだろう。より良い「ニューノーマル」が到来することを願いつつ、この連載を終えることにしたい。

音楽学者  久保田 慶一