活動事例

活動事例
【活動報告】健ハモコミュニティーフェスティバル[2019年度助成事業]



Born free 生涯学習音楽普及支援協会
千葉登世 さん

「国際音楽の日」記念コンサート 健ハモコミュニティーフェスティバル
■日程:2019年12月21日
■会場:地球市民かながわプラザ プラザホール

当協会活動の一つ、音楽療法の一環として7歳から82歳にいたる20組の参加者の発表体験フェスティバルを開催しました。はじめに「自律神経を整える正しい呼吸法とは」というテーマで講演を行い、吐く息の重要性と共に鍵盤ハーモニカのアンチエイジング効果について学んでいただきました。その後参加者は鍵盤ハーモニカの演奏に留まらず、ピアノ、アンデス、大正琴、ギター、サックス、ドラムス等いろいろな楽器に挑戦し幅広いジャンルの音楽を通して異世代が時代を超えた音楽で交流を図りました。最後にマリンバ奏者のコンサートを来場者の方々と一緒に鑑賞し楽しみました。

*Born free生涯音楽普及支援協会とは
2015年に人々が笑顔で暮らせる地域づくりを実現するために音楽を媒体とした活動を目的に設立。

*健ハモについて
高齢者は口や喉の機能が低下し、飲み下しが困難になる嚥下(えんげ)障害が深刻な問題になっています。口や舌を使うことで更に嚥下障害予防や肺機能強化をプラスすることができる理由から鍵盤ハーモニカを活用し、音楽を楽しみながら同時に健康の源である口腔機能向上が期待できると考えています。

[国際音楽の日 記念助成事業]
音楽文化創造では「音楽文化の振興のための学習環境の整備等に関する法律」(略称:音楽振興法)第7条に定められた「国際音楽の日」を広く普及することを目的としたコンサートなどの事業に対する助成を行っております。
詳しくはこちらをご覧ください。

その他の記事

               
協議会
【事例紹介】みよし子ども音楽セミナー 音・遊・友 合唱ファンタジー
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】訪問コンサート(老人保健施設)
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】人の歓び我が歓び~オカリナの響きを街へ
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽祭のある町へ ~素人主催者5年間の歩みと課題~
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】「歌で繋ぐ心のネットワーク」
国際音楽の日
【活動報告】ひらけ!おとの世界-学んで・遊んで・楽しんで-[2021年度助成事業]
国際音楽の日
【活動報告】 宮ぁっとホーム(童謡と昔話の集い)[2021年度助成事業]
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】『朗読と即興』〜あなたは今、この瞬間に生まれる世界の証人になる!〜
生涯学習音楽指導員
ほんやく・おんがく3~映画翻訳と映画音楽~
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】こどもミュージカルのパワーで地域に笑顔の花を咲かせよう!
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】ZUMBA(ズンバ)から始まった私の市民活動
協議会
【事例紹介】吹奏楽 一人一人が主人公 つながろう 広げよう 音楽の輪
協議会
【事例紹介】コロナ禍での吹奏楽・金管バンド活動の挑戦と、新しい価値観への希望
協議会
日本の心を歌に込めて 日本歌曲の神髄に触れるコンサート
協議会
【事例紹介】自分が音楽療法士として生きてきた意味
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】自分らしく、それぞれが独自の花を咲かせよう
協議会
【事例紹介】「芸に終わりなし・一生が勉強」60年の軌跡
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】童謡を歌う会