活動事例

協議会 活動事例

【事例紹介】音・音楽を障がい児者と共に楽しむために

全国生涯学習音楽指導員協議会栃木群馬支部会員 日光市 落合美子

■ 活動タイトル:音・音楽を障がい児者と共に楽しむために
■ 日時:2019年1月-12月 毎週水曜日
■ 会場:鹿沼市社会福祉法人希望の家 音楽室
■ 対象:知的身体障がい児者 10代から70代の男女(6:4)計25名

■ 活動内容:
この活動は2003年より施設の依頼により開始し17年が経過しました。障がい者であっても「音・音楽」を楽しみ、音楽を通して集中し、発散し、満足することは可能です。日常生活の中で音楽のシャワーを浴びる機会を持てる様にしたいというのが目的です。

扱う音楽はどのジャンルでも好みますので、毎回指導計画に沿った内容と楽曲を選択しています。指導内容としては鑑賞、歌唱、楽器演奏、絵本の読み聞かせ、紙芝居、身体活動の6つを柱としています。扱う楽器は、グランドピアノ・ヴァイオリン・チェロ・ギター・カントリーハープ・ハンドベル・トーンチャイム・三味線・筝・ドラムスやクラベス等の打楽器です。指導は模唱,模奏で行いますが、時間が非常にかかります。しかし対象者に創意工夫がみられるようになります。

毎年、県主催の「障がい者文化際」に参加し、舞台で演奏披露できるまでになりました。自分たちも舞台に立ちスポットライトを浴び拍手をしてもらう立場になったことが「やれば出来る」という自信につながり、満足感・達成感の獲得につながったと感じられました。この非日常的経験の積み重ねが快体験となったのではないかと思います。 

対象者たちは生涯、障がいと付き合いますが、今後も人生を音楽と共に豊かに過ごせるように、微力ではありますが支援していきたいと思います。


その他の記事

               
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】子どもの日常の中に生の音楽を届けるアウトリーチ・コンサート
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】ジャズの楽しさを通じて子ども達の豊かな感性を育むコンサートを
新しい方角(邦楽)
古典と現代曲の枠を超え箏胡弓に想いを込めて
地域音楽 コーディネーター
第5回目I musique salon~おかしとおかしなミュージック~(2/17)
新しい方角(邦楽)
古代と現代の両極で
生涯学習音楽指導員
【事例紹介】みんなで健康のために一緒に楽しく歌いましょう!
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽で人と地域、そして社会とつなげて
地域音楽 コーディネーター
オトナもコドモも楽しめる須賀川ウルトラコンサート(2/4)
地域音楽 コーディネーター
WALK ON CLOUDS BIGBAND REGULAR COCNCERT vol.1(2/3)
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】クラシックサクソフォーンで広げる音楽の楽しさ
地域音楽 コーディネーター
カリンバとえほんの読み聞かせらいぶ(1/21)
地域音楽 コーディネーター
にしこく吹奏楽部!2023みんなのファミリーコンサート(1/27)
新しい方角(邦楽)
篳篥の多彩な魅力を紹介したい
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】ポピュラー吹奏楽のリズムはビートに有り
協議会
【事例紹介】「FORUM in国際音楽の日2023奈良」
協議会
おやこDEジャズ(12/27)
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽をもっと自由に。地方発“音楽で生きる”ことの価値観を変える新たな取り組み
生涯学習音楽指導員
音楽活動で楽しく感性をみがこう「国際音楽の日」フェスティバル2023IN平塚(12/23)