活動事例

活動事例
講座受講者インタビュー㉜

2022年3月6日にオンライン開催した、地域音楽コーディネーター養成講座の受講者インタビューです。

音楽を含めた文化人類学的なジャンルに興味があったため、学校で歴史の教科を教えており、また軽音楽部の顧問もしています。
音楽を評価するのは難しいのですが、軽音楽を部活動として行うことで、社会的な能力を身につけられることにすごく価値を見いだしています。
音楽は、ある意味社会だということです。
最初の講義が、社会教育に関係するような内容で、音楽することは(社会教育として)ものすごく意味があると感じました。
最後の講義は、企画書を書くことは、書き慣れていないということもあり、その勉強ができたことはすごく助かりました。
今、民間の力を借りて大会を開催していますが、岡山軽音楽部の大会として、胸を張って俺らの大会と言えるようにし、岡山では、みんなそこを目指すと言えるような大会にしていきたいというのが、僕らの夢です。
と、地域音楽コーディネーター養成講座を受講した感想をお話しいただきました。






▼地域音楽コーディネーター養成講座についてはこちら

https://www.onbunso.or.jp/regional-music-coordinator

その他の記事

               
地域音楽 コーディネーター
NEW【事例紹介】昭和の紙芝居屋:誰でも気軽に足を運べて気軽に楽しめる親子向けコンサート
地域音楽 コーディネーター
未来への祈りコンサート2023(2月23日)
新しい方角(邦楽)
NEW 学生邦楽フェスティバル
地域音楽 コーディネーター
NEW【事例紹介】聴衆、演奏者、音楽空間との一体感を求めて
新しい方角(邦楽)
伝えたい箏-koto-
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】大人が本気で音楽を「楽しむ」オールジャンルピアノ教室
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】Zushi Music Festaの企画、運営を振り返って
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】アマチュアバンドで地域の交流を
地域音楽 コーディネーター
<日常のグリーフ講座第2弾>「音楽とグリーフ」(2月12日)
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】 “想い”を“歌声”にのせて愛と夢と元気を日本から発信したい!
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽でつながる地域の街づくり
新しい方角(邦楽)
箏に魅せられて
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽が果たす社会的使命
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】奏でることを本気で楽しみ、音楽で地域の活性化をめざす!
新しい方角(邦楽)
[終了]【告知】REGENERATION~The circle of rebirth~(12月25日
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽とお友達になろう
地域音楽 コーディネーター
【事例紹介】音楽を聴く喜びと奏でる喜びの出会いを作る
国際音楽の日
【活動報告】もろたるコンサート[2022年度助成事業]